住宅の設計

新築一戸建てを二世帯住宅に!購入前に知りたいポイント

自分や配偶者と同居を検討する時、部屋の広さや部屋数、お互いの使いやすさなどに考慮して新築一戸建てに住もうと考える方もいらっしゃるかと思います。
その際、普通の一戸建てではなく二世帯住宅を選択する人も多いようです。
二世帯住宅なら一定の距離を置きつつも、お互いの生活を見守れる安心感があります。
他にも様々なメリットがありますが、同時にデメリットもあるので購入前に双方を確認していきましょう。

二世帯住宅のメリット

二世帯住宅は経済面と生活環境の両方でメリットがあります。

・土地代が不要
実家の近くに家を建てることとならば土地を購入しなければなりません。
両親が暮らしている家を二世帯住宅に建て替えるのであれば、土地代が不要になるメリットがあります。

・子育てや介護がしやすい
待機児童や子どもだけの留守番など、共働き世代は子育てに悩みが多いです。
親に面倒を頼んでも互いに行き来が大変であり、同居ならその問題を解消できます。
また、親の体調不良や異変に気付きやすく、介護がしやすい環境も二世帯住宅のメリットです。

・税の軽減が2棟分
住宅を取得すると不動産所得税がかかり、さらに固定資産税も払い続けなければなりません。
世帯を独立させている二世帯住宅なら、不動産所得税や土地・建物の固定資産税に設けられている減税制度が2棟分受けられます。

・特例で相続税も安くなる
生計を共にした親の住宅を相続した場合、土地の評価額を80%減額してもらえます。
二世帯住宅も特例で生計を共にしていると認められるため、相続税が安くなるのです。

二世帯住宅のデメリット

経済・生活的なメリットがある一方、デメリットもあるので把握していきましょう。

・プランニングが難しい
新築一戸建ては設計士と打ち合わせて間取りなどが完成しますが、二世帯住宅なので両世帯の意見をまとめてプランニングする必要があります。
しかし、生活習慣や生活のイメージ、好みに相違があるのでプランニングを決めるのが難しい傾向があり、実際に暮らすとストレスを感じることもあるようです。

・解消しにくい、売却が不利
二世帯の暮らしに耐えられない、転勤など様々な理由で居住を解消するケースも少なくありません。
その場合、住宅ローンの返済に合わせて、新居への引っ越しや家賃など2重の負担がかかるため、解消しにくいことも多いです。
また、解消でなくても家の売却が必要になった場合、二世帯住宅は少し特殊なので売れにくいデメリットもあります。

・相続トラブル
親がなくなると住宅はそのまま相続されますが、兄弟など相続人が複数いる場合は相続トラブルが発生することもあるでしょう。
住宅も財産なので、その点を考えて購入する必要があります。

購入する時に注意すべき点は?

二世帯住宅のメリットデメリットを見てきましたが、新築一戸建てを購入はどんな点に注意すれば良いのでしょうか?
購入の注意点をご紹介します。

・解消に考慮してプランニングをする
同居が解消された時のことを考えてプランニングすると、1世帯の居住でもリフォームで対応しやすくなります。
例えば、玄関は別で階段は外部に設けると独立性があります。
建物内部でつながる部分は1箇所に限定すれば、解消後はリフォームで壁にすれば問題ないでしょう。
空きの方は賃貸として貸し出せば家賃収入が手に入るので、住宅ローン返済や家計の足しとして活用することも可能です。

・経済的メリットばかりを重視しない
二世帯住宅は経済的メリットが大きいですが、本当に優先すべきメリットかどうか考えてみましょう。
購入する際は物件や土地購入、家のプランニングなど様々な部分で労力を使いますが、実際に住んでみると想像とは違うことが多いです。
その違いに耐えられるのであれば問題ありませんが、些細な点でもストレスとなれば解消のリスクを背負います。

経済的なメリットだけではなく、本当に同居でいいか両世帯がしっかり考えてから購入を決断しましょう。

将来のことまで見据えてしっかりプランニングをして、納得のいく住居を建てたいのは誰しもが思うことです。
しかし当人同士では、なかなか話がまとまらないなんてことも。
そんなときは、専門の知識を持った第三者がいることによりどちらも納得のいく住居にたどり着けます。
加古川・高砂での新築一戸建てや土地、二世帯住宅についてのご相談もこちらにすべてお任せください。

オススメリンク