住宅の設計

二世帯住宅なら間取りはどうする?~分離タイプ~

リビング

適度な距離感で互いに安心感を持ちながら、プライバシーを気にすることなく生活したいのであれば、新築一戸建ての間取りは分離タイプのプランがおすすめです。

建物内の行き来は一箇所のみで、玄関は個別

世帯が分離したタイプなので、玄関はそれぞれ個別で設けます。
それぞれを行き来する場合はわざわざ玄関を出入りするのは大変なので、ドアを1箇所用意して行き来できると便利です。

1階のリビングダイニングは広めに

二世帯住宅となると1階部分は親の居住エリアになることが多いと思いますが、あえてリビングダイニングを広くしてみると良いでしょう。
家族で集まって食事やくつろぐ場合、来客を招く場合に広いと使いやすいです。

音に配慮する

自分の世帯や親の寝室がある部分に大きな音が響きやすい水回りやリビングを重ねて設けると、生活音が睡眠の妨げになるので注意しましょう。
また、深夜の帰宅時、階段を上がる音やドアの開閉音で子どもが目を覚ます可能性があるので、音がなりそうな部分は収納などで空間を遠ざけて音を軽減する工夫も必要です。

寝室と子ども部屋をつなげる

部屋が密集して広いスペースを確保しにくいので、寝室と子ども部屋が隣接しているプランの場合、小さいうちは壁で仕切らない状態にすると良いでしょう。
親子で就寝できますし、子どもの遊び場としても活用できます。