住宅の設計

二世帯住宅なら間取りはどうする?~同居タイプ~

リビング

独立性をなくして家族全員で協力しながら生活できる新築一戸建てを考えたいのであれば、同居タイプの間取りで考えてみましょう。
このタイプの二世帯住宅は従来の一戸建てと同じ仕様で、水回りやLDKは家族全員で共有し、寝室や子ども部屋などプライベートルームは個別にする間取りです。

同居タイプのメリット

・協力して生活ができる
ほとんどの生活空間を共有する同居タイプは、家事や子育ての面では協力し合うことができます。
親の介護が必要になった場合、分離した二世帯住宅よりも行き来が楽なので介護しやすい環境もメリットです。

・生活費の削減につながる
水回りなどを2つ設ける必要がないので、共用する部分が増えれば生活費の削減に有効です。
同時にプライベートルームも広々と確保しやすく、空間を効率良く使うことができるでしょう。

デメリットはプライバシー確保の工夫が必要であること

協力しながら生活できる同居タイプですが、他の二世帯住宅よりもお互いのプライバシーが確保しにくい欠点があります。
キッチンやトイレ、お風呂場、リビングなど共同で使う部分が多く、家族数が多いとお互い使用する時間に気を使わなければなりません。
最低限のプライバシーを確保する工夫や、それぞれが協力して生活する意識を認識する必要があるでしょう。